今日から 群馬県議会

52365653_1378945082248437_4027453737550217216_n

今日から
群馬県議会が開催されます。

党派の打ち合わせ会を兼ねた
朝食会では
本日で県議会議員を辞職し
桐生市長選挙に挑戦する
荒木議員から
最後のあいさつがありました。

群馬県薬剤師会との意見交換会

52001095_1376035639206048_1558549000703967232_n

群馬県薬剤師会との意見交換会に
参加しています。

薬局・薬剤師を取り巻く問題について
意見交換をさせていただきます。

 

周産期医療体制のありかた

51960886_1374543786021900_4944207673588449280_n

今後の周産期医療体制のあり方検討会
第5回目が終わりました。

高齢で出産した際の早産や合併症に備え
母子の命を救うための
最後の医療の砦となる
総合周産期母子医療センターの
整備が求められています。

ところが現実には
産科や小児科の医師など
医師の偏在や医師不足が目立ってきました。

群馬で安心して子どもを
産み育てることのできる環境整備のために
小児救急に携わる様々な立場の方々が
今後の周産期医療体制について
真剣な意見を交わしております。

 

石山観音の大鰐口(おおわにぐち)

51336995_1369150949894517_2927952190062460928_n

2月1日に県指定重要文化財となった
石山観音の大鰐口(おおわにぐち)を
見てきました。

実物を見ると二メートル近くあり
近代以前に制作された鰐口としては
国内最大級だそうです。

伊勢崎市と前橋市の市境の小高い丘に建ち
今はひっそりとしている石山観音ですが

前橋も以前厩橋と呼ばれるなど
馬に縁のある群馬県にとって

近隣在郷の人々が馬を連れて参拝し
鰐口を叩いて馬の無病息災を願ったという

この石山観音の
当時の隆盛が偲ばれます。

実際に鰐口を叩くと
いい音が響きました。

群馬教育フェスタ

51182404_1366931450116467_7975754577909645312_n

群馬教育フェスタに
出席させていただきました。

各教室では
先生方の研究テーマや
学校を出て
一般の企業で学んだ気づきなど
数々の報告を聞かせていただきました。

今年の特別講演は
前橋育英高校サッカー部監督の
山田耕介氏でした。

全国制覇に向けた長年のご苦労含め
生徒たちが自らの目標を立てチャレンジする事で
自立を促す
素晴らしいお話を
聞かせていただきました。

写真の校旗は
富岡製糸場と絹遺産群の
世界遺産登録を機に
各学校で飼育した蚕から生糸を生産し
作った校旗です。

 

DET(障害平等)研修

51100872_1362493210560291_7742140212779679744_n

DET(障害平等)研修に
参加させていただきました。

研修に参加して
障害に対する自らの理解のズレを実感する
良い機会を与えて頂きました。

今年3月に県が確定する
「障害を理由とする差別の解消条例」にも
活かしていきたいと感じました。

共に研修を受けた方々にも
とても良い出会いをいただきました。

外国人との共生

51090861_1360978224045123_564348171434590208_n

外国人の日本語研修について
調査をするために
新宿区役所に。

文教警察常任委員会の県外調査に
オブザーブさせていただきました。

伊勢崎には
人口の5%
約1万人の外国人が居住しています。

今後ますます外国人の
流入が増えることが見込まれている中

どう地域の中に溶け込んでもらい
地域の中で役割を担って頂けるかが

重要な課題です。

今日は
新宿区役所の
教育委員会と多文化共生の担当の方から
お話を伺いましたが

多文化への対応よりも
まずは日本の言葉を理解してもらうことが
先決であるとのお話は

外国人との共生を
大きな課題としている議員として
大変参考になりました。

当初予算に対する重点施策要望

50428396_1360209950788617_3603986841386090496_n

平成31年度群馬県当初予算に対する
重点施策要望が行われています。

自民党から知事に向けて
政策要望108項目
事業要望92項目 全200項目の
要望が行われました。

県立リハビリテーションセンター

50275125_1360103327465946_7773253484152881152_n

厚生文化常任委員会の調査で
伊勢崎にある
県立リハビリテーションセンターに
伺っています。

開設された
昭和50年当時は
群馬県の福祉施設の草分け的な存在でしたが

40年の歳月の中で
施設も老朽化し
求められている機能や役割も
変わってきました。

そんな利用者の希望や
新たな群馬県福祉の
センター機能を併せ持った施設を
見させていただきました。

どんど焼き

50732261_1357208907755388_336292516187865088_n

毎年恒例の三光町どんど焼きに
出席させていただいています。

今年一年の
皆さんの健康と地域の安寧をお祈りします。