外国人との共生社会実現のためにすべき事

69238357_1535940119882265_5908751916887703552_n

群馬県議会の総務・企画常任委員会の
県外調査2日目の調査は
愛知県豊田市に入りました。

テーマは
外国人との共生社会実現のためにすべき事です。

豊田市は
トヨタのお膝元ということで
多くの外国人労働者が生活しています。

外国人が日本で生活するために
まず必要なことは
日本語を理解してもらうことです。

そのための
学習支援システムの構築の取り組みと
住民の7割がブラジル人という
豊田市保見団地での自治区役員さんのご苦労
その場で生活支援をするNPO法人トルシーダの取り組みを調査させていただきました。

外国人との共生により
住民自治が崩壊しかねない
現場の状況を視察することにより

この問題の光と陰
難しさを改めて学ばせていただきました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*