2017年 4月 の投稿一覧

18157574_911378349005115_2402247884478779776_n

爽やかな薫風のなか
赤石稲荷の春の大祭が
行われています。
新緑も美しく
一年で一番好きな季節です(^^)
地域の中で
こんな風にひっそりと
祀られているお稲荷さんが
時代をこえて
地域の守り神として
親しまれています。

不幸の連鎖を断ち切る!

18058044_910214382454845_6059476587267933096_n

厚生文化常任委員会の月一委員会で
中央児童相談所の
視察をしました。

昨日も
親からの性的虐待で
緊急に保護された女児が
入所したとのことですが
ここ数年
虐待による保護や相談が
急増しています。
中央児相は定員36人とのことですが
保護の必要があれば定員をオーバーしても
受け入れる体制を敷いています。
何も悪いことをしていないのに
救いがない状況下にいる子どもたちが
増えています。
一時保護施設の整備が
状況の解決にはならないのは分かっていますが
私たち大人が
不幸の連鎖を断ち切るためにできることを
真剣に考えなくてはならないと
強く!感じています。

境島村小学校の活用や可能性

18033497_907106116099005_3671211980942963694_n

伊勢崎青年会議所の
例会事業に伺いました(^^)
世界遺産に指定されている
田島弥平旧宅のすぐ近所にある
今は廃校になった
境島村小学校の講堂で行われました。
講師は
コミュニティデザイナーの山崎亮氏です。
日本中で
人と人を結び付けながら
地域の活性化を模索してきた
山崎亮氏の巧みな話から
島小の今後の活用や可能性について
“きっかけ”を
いただきました(^^)

広島県・地域包括ケア

18032994_906401619502788_249070225917419628_n

自民党群馬県連医療福祉議連と
群馬県三師会による
合同県外視察で
広島に来ています。
広島県では
広島駅直近の同じ敷地の中に
医師会・歯科医師会・薬剤師会が
それぞれ会館を整備しました。
三師会が連携を強めて
地域医療や地域包括ケアの推進体制を
固めています。
今回の視察で
群馬県における
地域包括ケアセンター整備に向けた
先進地事例の勉強をさせていただきます。

野生獣肉の利活用

18033257_904516053024678_3522366927381976607_n群馬県から4時間かけて
千葉県大多喜町まで
群馬県猟友会の皆さんと
やって来ました。

千葉県は全国に
ジビエブームを起こそうと先日も千葉市内のホテルに
東京から約300人のシェフを招いて
ジビエ料理の紹介が
行われたそうです。

中山間地域を中心に
群馬県全域で増えている鳥獣害被害を減らすには

イノシシやシカなどの駆除が大切ですが
検査による放射能対策や
猟友会の方々の
前向きな協力が不可欠です。

ここ大多喜町では
捕獲した イノシシの解体や直売をしていますが

生肉の需要もあり
加工品にした特産品の
開発や販売が待たれているとのことです。

ぐんまの絹遺産

17992036_903147316494885_7582114513456324399_n

国際ロータリー
第2840地区の地区大会に
参加しています。
今大会の記念講演では
富岡製糸場をはじめとする絹遺産群の
世界遺産登録の立役者となった
松浦教授による
ぐんまの絹遺産の世界的な価値についての
講演がなされています。

倭文(しどり)神社

17883726_903144733161810_4543734910844959543_n

倭文神社の春季例大祭に
出席させていただきました。

“わぶん”ではなく
“しどり”と読みます

たいへん由緒のある神社で
上野国十二社のひとつに
数えられます。

地域の誇りとなる
このような神社やお祭りが次の世代にしっかり繋げられるように
私たちも応援して行きます(^^)

台湾最後は佛光山の道場

17884661_902420726567544_8957935571478172131_n

台湾最終日は
台北の佛光山の道場を訪ねました。
高雄が本山ですが
ここ台北の道場が台湾半分を
カバーしているそうです。

台北の中心地
地価の高い所に
悠然とそびえ立っていますが下のフロアーには
外部へ布教するための放送施設やスタジオも
整備されています

世界中に200道場
500万人の信者がいるというのも
納得できます(^^)

台湾3日目

17883898_900728686736748_3183241463269245843_n台湾3日目最後の調査は
雲林に工場のある福愁興業。

今回の視察で
官庁や日台のつなぎ役を
かっていただいた謝さんの会社です。

スポーツウェアや
警察や軍隊の制服や盾など
特殊なグラファイト・ファイバーで作る
製品を手がけています。

工場内は従業員の数や工場の規模など
かつての日本の昭和を彷彿させる
活力を感じました。

2日目の宿泊地である
台北までは日本から買っていただいた
新幹線で帰って来ました。

雲林県から台北まで
約1時間半上越新幹線そっくりの電車で
移動したわけですが
やはり台湾は親日です(^^)